その定期健診、本当に正しいですか?

症状がよくならないのはなぜ?

日々の診療で多くの患者さんからよくお聞きするのが、 「定期的に歯科医院を受診しているのですが、どうしてだんだん悪くなっていくのですか?」 というお話です。

ここで言う「定期健診」、「メインテナンス」、「リコール」という言葉はどういう意味でしょうか? 日々、私が多く目にするのは虫歯治療はちゃんとしているが、歯周病治療が完治しないままで、 検診になっている患者さんなのです。

中には、「歯周病は治らない」という先生もおられるようです。しかし、歯周病専門医である私の考えは 違います。歯周病は大きく分けて軽度、中度、重度の3つに区分することができます。

 

歯周病の分類と治療法

病状  治療法
健康  維持療法(メインテナンス)
軽度  歯周基本治療(歯ブラシ指導、歯石除去、咬み合わせ治療など)
中度  専門治療(歯周組織再生療法、歯周形成外科手術など)
重度  抜歯

 

この表を見れば明らかなように、健康ならばメインテナンス、軽度は基本治療で治り、中度は専門治療で 治り、重度は抜歯をすれば、その患者さんには歯周病の歯は存在しなくなります。

一般的には、中度に対して専門治療がなされず、重度の歯も抜かないで放置したまま、「定期健診」と 言ってずるずると時間がたつので、これでは治るどころか、どんどんと病状が進行するのは当然です。 そこで私たち歯周病専門医の仕事を整理してみると、

1.「中度の歯に対して再生治療などの専門治療を行う」
2.「重度の歯には、ダメなものはダメであるとしっかりと患者さんに説明し、次善策を考える」

という事になります。
ここで言う「次善策」こそが、歯を失った所にインプラントを入れることなのです。 ですから、欧米の歯周病専門医は「歯周治療とインプラントが両方できる」ことが条件となります。

ここでもう一度、確認します。

1.歯周病は治ります。
2.定期健診(メインテナンス)は治った患者さんが受けるものです。

> 定期健診中の専門治療例

※クリックすると治療の詳細が表示されます

定期健診症例

治療前

治療前

治療前

 

治療前

 

治療後

治療後

治療後

この患者さんは、長年開業歯科医院で定期的に検診を受けていたのですが、年々病状が悪化している気がして、当院を受診されました。当院での検査結果では、中等度~重度の歯周病と診断し、中等度の歯周病には専門治療、重度の歯周病の歯は抜歯し、インプラントを勧め、ご了解いただきました。現在は、ごく普通の歯ブラシと歯間ブラシだけで清掃していますが、歯肉からの出血や痛みもなく、快適に食事もできているとのことです。
このように、治療が必要な患者さんに適切な治療をしないまま、いくら定期検診を行っても病状は改善しません。

close